日本の企業の多くが生産拠点を中国に構えているなんていう事はもう周知の事実であると思います。

中国は人件費等で考えた場合に非常に優れているし、場所的なコストに関しても日本と比べた場合、国自体の面積の違いもあってコストを抑えた生産っていうのができるようになっているんですよね。そうした事があるからこそ、中国に生産拠点を置いている企業が多いというのは納得できると思います。

しかし、生産拠点を日本国外…すなわち海外に置いた場合の問題点として上げられるのが輸送コストなんです。遠くの国に拠点を置けばその分大きなコストっていうのも必要になってきますからね。

日本との距離的な問題を考えた上でも、中国っていうのは非常に重要な国になると思います。そんな中国から生産したものを輸送する場合には海上輸送という手法がよく取られます。輸送ならば飛行機などで運ぶほうが早くて良さそうという風に考える人も居ますが、中国からの場合は海上の方がはるかに沢山のメリットっていうのが存在しているんですよね。

ここではどうして海上を利用するのかという事や海上輸送のメリット等についても紹介したいと思っています。そうした事を理解する事が出来れば、この海上輸送を利用する理由っていうのも自ずと理解する事ができると思いますからね。

外部リンク